vsftpd.confのデフォルト

Red Hat Linuxのページトップへ

# Example config file /etc/vsftpd.conf
#
# The default compiled in settings are very paranoid. This sample file
# loosens things up a bit, to make the ftp daemon more usable.
# セッティングの中でコンパイルされたデフォルト、非常に偏執病です。
# このサンプル・ファイルはftp悪魔をより使用可能にするためにビットを上へ事態を緩めます。
#
# Allow anonymous FTP?
# anonymousユーザの接続を許可しますか。
anonymous_enable=YES
#
# Uncomment this to allow local users to log in.
# ローカルユーザがログインできるようにしますか。
local_enable=YES
#
# Uncomment this to enable any form of FTP write command.
# 書き込みできるようにしますか。
write_enable=YES
#
# Default umask for local users is 077. You may wish to change this to 022,
# if your users expect that (022 is used by most other ftpd's)
# 地方のユーザのためのデフォルトumaskは077です。
# あなたのユーザがそれ(022はほとんどの他のftpdによって使用されます)を期待すれば、
# 022までこれを変更したいと思うかもしれません。
local_umask=022
#
# Uncomment this to allow the anonymous FTP user to upload files. This only
# has an effect if the above global write enable is activated. Also, you will
# obviously need to create a directory writable by the FTP user.
# uncommentする、これ、アノニマスFTPユーザがファイルをアップロードすることを可能にするために上記のグローバルな書き込みが可能にする場合、
# これは効果が単にあります、活性化されます。
# さらに、明白にFTPユーザによって書き込み可能なディレクトリーを作成する必要があるでしょう。
#anon_upload_enable=YES
#
# Uncomment this if you want the anonymous FTP user to be able to create
# new directories.
# anonymousユーザが新しいディレクトリを作成できるようにしますか。
#anon_mkdir_write_enable=YES
#
# Activate directory messages - messages given to remote users when they
# go into a certain directory.
# ディレクトリー・メッセージ-それらがあるディレクトリーに入るときに
# 遠隔のユーザに伝えられたメッセージ-を活性化してください。
dirmessage_enable=YES
#
# Activate logging of uploads/downloads.
# アップロード/ダウンロードの伐採を活性化してください。
xferlog_enable=YES
#
# Make sure PORT transfer connections originate from port 20 (ftp-data).
# PORTトランスファー接続がポート20(ftpデータ)から起こることを確かめてください。
connect_from_port_20=YES
#
# If you want, you can arrange for uploaded anonymous files to be owned by
# a different user. Note! Using "root" for uploaded files is not
# recommended!
# 望めば、アップロードされた匿名のファイルが異なるユーザによって所有されるように準備することができます。
# ノート!アップロードされたファイル用に「根」を使用することが推奨されません!
#chown_uploads=YES
#chown_username=whoever
#
# You may override where the log file goes if you like. The default is shown
# below.
# 無視してもよい、あなたが好きならば、丸木ファイルが行くところで。
# デフォルトは下に示されます。
#xferlog_file=/var/log/vsftpd.log
#
# If you want, you can have your log file in standard ftpd xferlog format
# 望めば、標準のftpd xferlogフォーマットの中に丸木ファイルを持つことができます。
xferlog_std_format=YES
#
# You may change the default value for timing out an idle session.
# 使用されていないセッションをタイムアウトにすることに対するデフォルト価値を変更してもよい。
#idle_session_timeout=600
#
# You may change the default value for timing out a data connection.
# データ接続をタイムアウトにすることに対するデフォルト価値を変更してもよい。
#data_connection_timeout=120
#
# It is recommended that you define on your system a unique user which the
# ftp server can use as a totally isolated and unprivileged user.
# システム上で全く分離され特権がないユーザとしてftpサーバーが使用することができる、
# ユニークなユーザを定義することが勧められます。
#nopriv_user=ftpsecure
#
# Enable this and the server will recognise asynchronous ABOR requests. Not
# recommended for security (the code is non-trivial). Not enabling it,
# however, may confuse older FTP clients.
# これを可能にしてください。そうすれば、サーバーは非同期ABORリクエストを認識するでしょう。
# セキュリティ(コードは不自明です)に推薦されませんでした。
# しかしながら、それを可能にしないことはより古いFTPクライアントを混同するかもしれません。
#async_abor_enable=YES
#
# By default the server will pretend to allow ASCII mode but in fact ignore
# the request. Turn on the below options to have the server actually do ASCII
# mangling on files when in ASCII mode.
# Beware that turning on ascii_download_enable enables malicious remote parties
# to consume your I/O resources, by issuing the command "SIZE /big/file" in
# ASCII mode.
# デフォルトによって、サーバーは、ASCIIモードを許可するふりをするだろうが、実際リクエストを無視します。
# 回転する、の上で、その、サーバーを持つオプション以下に、現実に、ASCIIモード中にいる場合ファイル上のASCIIを押し潰すことを行います。
# These ASCII options are split into upload and download because you may wish
# to enable ASCII uploads (to prevent uploaded scripts etc. from breaking),
# without the DoS risk of SIZE and ASCII downloads. ASCII mangling should be
# on the client anyway..
# ASCIIモードでコマンド「SIZE/big/ファイル」を出すことにより、上にascii_download_enableになることによって
# 悪意のある遠隔のパーティーがあなたのI/O資源を消費することができることに注意してください。
# SIZEとASCIIのダウンロードのDoS危険なしで、あなたがASCIIアップロード(アップロードされたスクリプトなどが壊れるのを防ぐこと)を可能にしたいかもしれないので、
# これらのASCIIオプションはアップロードとダウンロードへ分離しています。ASCIIを押し潰すことは、
# クライアント上にとにかくあるべきです..
#ascii_upload_enable=YES
#ascii_download_enable=YES
#
# You may fully customise the login banner string:
# 完全にログイン旗ストリングをカスタマイズしてもよい:
#ftpd_banner=Welcome to blah FTP service.
#
# You may specify a file of disallowed anonymous e-mail addresses. Apparently
# useful for combatting certain DoS attacks.
# 却下された匿名のemailアドレスのファイルを指定してもよい。
# 見たところでは、あるDoS攻撃と格闘するのに役立ちます。
#deny_email_enable=YES
# (default follows)
#banned_email_file=/etc/vsftpd.banned_emails
#
# You may specify an explicit list of local users to chroot() to their home
# directory. If chroot_local_user is YES, then this list becomes a list of
# users to NOT chroot().
# それらのホームディレクトリーへのchroot()への地方のユーザの明示的なリストを指定してもよい。
# chroot_local_userがYESである場合、このリストはNOT chroot()へのユーザのリスト?ノなります。
#chroot_list_enable=YES
# (default follows)
#chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list
#
# You may activate the "-R" option to the builtin ls. This is disabled by
# default to avoid remote users being able to cause excessive I/O on large
# sites. However, some broken FTP clients such as "ncftp" and "mirror" assume
# the presence of the "-R" option, so there is a strong case for enabling it.
# "-Rを活性化してもよい」builtin lsへのオプション。
# 大きなサイト上の過度のI/Oを引き起こすことができる遠隔のユーザを回避するために、これはデフォルトによって無効になります。
# しかしながら、「ncftp」および「鏡」のようないくつかの故障したFTPクライアントは、"-Rの存在を仮定します」オプション、
# したがって、それを可能にするための強い場合があります。
#ls_recurse_enable=YES

pam_service_name=vsftpd
userlist_enable=YES
#enable for standalone mode
# 可能にする、スタンド・アロンのモードのために
listen=YES
tcp_wrappers=YES

ぺんたん.info
あかいひ.com
IPくん.com
8枠.com - 競馬情報
galhime.com

PC Q&A||古い記事|雑学|ラーメン