自動更新機能up2date

Red Hat Linuxのページトップへ

2003年8月29日以降クライアントプログラムに含まれるSSL証明書の有効期限が切れるためRed Hat Networkが使えなくなり、更新ができなくなる
up2dateが使えなくなる
『Red Hat更新エージェント』の『プライバシー条項を読みます』が空欄になる場合も、これにあたります
up2dateコマンドのバージョンが以下のものより古いものが対象となる

Red Hat Linux 7.x 2.8.40-3.7.x
Red Hat Linux 8.0 3.0.7.2-1
Red Hat Linux 9   3.1.23.2-1
バージョンは下のコマンドで確認できる
# rpm -q up2date

解決法
Red Hat Network Client Softwareのページにアクセス
RHSA-2003-267 for Red Hat Linuxをクリック
各バージョンのリンクをクリックし、それぞれのRPMファイルをダウンロード
Red Hat Linux 7.1の場合
up2date-2.8.40-1.7.1.i386.rpm
up2date-gnome-2.8.40-1.7.1.i386.rpm

Red Hat Linux 7.2の場合
up2date-2.8.40-2.7.2.i386.rpm
up2date-gnome-2.8.40-2.7.2.i386.rpm

Red Hat Linux 7.3の場合
up2date-2.8.40-3.7.3.i386.rpm
up2date-gnome-2.8.40-3.7.3.i386.rpm

Red Hat Linux 8.0の場合
up2date-3.0.7.2-1.i386.rpm
up2date-gnome-3.0.7.2-1.i386.rpm

Red Hat Linux 9の場合
up2date-3.1.23.2-1.i386.rpm
up2date-gnome-3.1.23.2-1.i386.rpm

ダウンロードしたディレクトリに移動し、次のコマンドを実行する
# rpm -Fvh up2date-*.rpm


RHNの登録を再実行するには、次のプログラムを実行する
up2date --register
(RHNの登録によってアクセスの優先順位が変わるらしい[インストール時の説明より])


再インストールの際は、前回のシステムプロファイルを削除しなければいけない
RHNにサインインし、前回登録したプロファイルをクリック
Deleteをクリック

Apacheを編集する前にアップデートしたほうがいいみたい

aptというツールを使ってパッチの更新を行う
この手のツール導入により、セキュリティパッチの情報収集及び、
 パッチを探す作業がだいぶ減り、ほぼ最新のセキュリティを保つことが出来ます。
  まずは、aptの入手をします。http://www.fedora.us/wiki/FedoraHOWTOにアクセスし、
 Curent Package ManagersからRedhat及び、Fedora Core1をそれぞれ選びダウンロード
 してください。
  $ cd /usr/src/
  $ wget http://download.fedora.us/fedora/redhat/9/i386/RPMS.stable/
           apt-0.5.5cnc6-0.fdr.8.rh90.i386.rpm (実際は一行です Redhatの場合)
  $ wget http://download.fedora.us/fedora/fedora/1/i386/RPMS.stable/
           apt-0.5.15cnc5-0.fdr.10.1.i386.rpm (実際は一行です Fedoraの場合)
  $ rpm -ivh apt-0.5.15cnc5-0.fdr.10.1.i386.rpm  ->インストール
  # apt-get update   ->DB構築
  # apt-get upgrade  ->更新実行

  以下はaptコマンドです
   # apt-get update          -> 最新のリストに更新
   # apt-get upgrade         -> 更新されたリストに従って実行
   # apt-get dist-upgrade      -> OS(カーネル)自体の更新を実行
   # apt-get install 〔パッケージ名〕  -> 個別に指定してインストール
   # apt-get remove 〔パッケージ名〕 -> 個別に指定して削除
   # apt-get clean           -> 一時保存されているキャッシュファイルを削除

  ※現在の最新版では、初回の「apt-get update」実行時には、Fedoraの選択及び、
  リストのダウンロード先の選択が出るようです。(Fedora Core1のみ確認)

旧カーネルのアンインストール
# rpm -qa | grep kernel
# rpm -e kernel-2.4.20-8

ぺんたん.info
あかいひ.com
IPくん.com
8枠.com - 競馬情報
galhime.com

PC Q&A||古い記事|雑学|ラーメン