PostgreSQLの備考

Red Hat Linuxのページトップへ

/usr/local/pgsql/ 以外にインストールしたい場合(1)(2)(3)の方法がある
(1)configure を実行するときに、--prefix オプションで指定する
例: ./configure --prefix=/foo/bar

(2)src/Makefile.globalを修正する
POSTGRESDIR= /usr/local/pgsql
という行を書き換える

(3)src/Makefile.customというファイルを作り、
POSTGRESDIR= /foo/bar
などとする

コマンドサーチパスと環境変数の設定
[csh/tcshの場合] 
.cshrc に以下を追加します。 
       set path = ($path /usr/local/pgsql/bin)


.cshrc に以下を追加します。 
       setenv POSTGRES_HOME /usr/local/pgsql
       setenv PGLIB $POSTGRES_HOME/lib
       setenv PGDATA $POSTGRES_HOME/data
       if ($?MANPATH) then
         setenv MANPATH "$MANPATH":$POSTGRES_HOME/man
       else
         setenv MANPATH $POSTGRES_HOME/man
       endif
       if ($?LD_LIBRARY_PATH) then
         setenv LD_LIBRARY_PATH "$LD_LIBRARY_PATH":"$PGLIB"
       else
         setenv LD_LIBRARY_PATH $PGLIB
       endif
       
# source ~/.cshrc



postgres デーモン(postmaster)を立ち上げる際に…
(rc などのシステム起動用のスクリプトに組み込んでおけば便利です。) 
# chmod +w /usr/local/pgsql/data/postmaster.opts.default

としてpostmaster.opts.defaultを書き込み可能としてから、
適当なエディタで、 postmasterの起動オプションをセットする
例
-S -i


ぺんたん.info
あかいひ.com
IPくん.com
8枠.com - 競馬情報
galhime.com

PC Q&A||古い記事|雑学|ラーメン