PHPの設定

Red Hat Linuxのページトップへ


PHPは特に設定は必要がない

/etc/php.iniの編集
古いサンプルスクリプトなどを実行するなら下記の設定をOnにする
(PHP4.2.0から外部変数の取り扱いが変わっているため)
# gedit /etc/php.ini
312行目付近
register_globals = Off
↓
register_globals = On
ただしセキュリティホールになるので、公開サーバーではOffにして、
EGPCS(Environment, GET, POST, Cookie, Server)変数を指定するほうがよい

Red Hat 9だとphp-4.2.2ですが、デフォルトだと日本語変換系の関数が使えません
例:mb_language
mbstring extensionっぽい話です

Safe mode
不特定のユーザーがある場合はSafe modeにする
# gedit /etc/php.ini
158行目付近
safe_mode = Off
↓
safe_mode = On

469行目付近
sql.safe_mode = Off
↓
sql.safe_mode = On

httpdを再起動する
# service httpd restart

PHPの動作を確認する
ドキュメントディレクトリ(Webで公開されるディレクトリ)に次の内容のファイル(ファイル名『test.php』)を作成する

<?php phpinfo(); ?>


ブラウザで下のアドレスを開く
http://localhost/test.php

PHPのバージョン・設定内容の画面が出れば設定は終了

--with-gd --enable-gd-jis-conv --enable-gd-native-ttf --with-imap --with-ldap --with-ldap-sasl

--with-gd=/path/to/gd

--with-jpeg-dir=/path/to/libjpeg

--with-zlib-dir=/path/to/zlib


http://www.boutell.com/gd/

http://freetype.sourceforge.net/old_index.html

http://hotwired.goo.ne.jp/webmonkey/2001/36/index4a_page2.html

http://ponk.jp/linux_memo/index.php?page=2

libjpeg インストール
http://www.ijg.org/
$ tar -zxvf jpegsrc.v6b.tar.gz
$ cd jpeg-6b/
$ ./configure --enable-shared
$ make
$ su
# mkdir /usr/local/include
# make install

zlib インストール
http://www.zlib.net/
tar xvzf zlib-1.2.2.tar.gz
cd zlib-1.2.2
./configure --shared --prefix=/usr
make
make test
make install


libpng インストール
$ tar xzvf libpng-1_0_2_tar.gz
$ cd libpng-1.0.2
$ cp scripts/makefile.std makefile
$ chmod +w makefile
 上記の最後ののコマンドは,これから編集したいmakefileがリードオンリー・ファイルになっている(makefile.stdがリードオンリー・ファイルになっているから)ので必要です.makefileを以下のように書き換えてください(この場合,libz.aが/usr/local/libに,zlib.hとzconf.hが/usr/local/includeに在るものとします).

#ZLIBLIB=/usr/local/lib  → ZLIBLIB=/usr/local/lib
#ZLIBINC=/usr/local/include  → ZLIBINC=/usr/local/include
ZLIBLIB=../zlib  → #ZLIBLIB=../zlib
ZLIBINC=../zlib  → #ZLIBINC=../zlib
CC=cc  → CC=gcc

 makefile編集後,libpng-1.0.2ディレクトリで以下のコマンドを入力します.

$ make test
$ make install


**************************************************************************
GD
zlibのインストール
zlibはzipやgzipに採用されている圧縮アルゴリズムをライブラリ化したもの。
http://www.gzip.org/zlib/よりダウンロード

tar zxf zlib-1.1.4.tar.gz
cd zlib-1.1.4
./configure --shared
make
make install
libjpegのインストール
http://www.ijg.org/よりダウンロード

tar zxf jpegsrc.v6b.tar.gz
cd jpeg-6b
./configure --enable-shared
make
make install
libpngのインストール
http://www.libpng.org/pub/png/libpng.htmlよりダウンロード

tar zxf libpng-1.2.5.tar.gz
cd libpng-1.2.5
configure が使えないので手動で makefile を作成する。

cp scripts/makefile.linux makefile v vi makefile
以下の部分を

#ZLIBLIB=/usr/local/lib
#ZLIBINC=/usr/local/include
ZLIBLIB=../zlib
ZLIBINC=../zlib

以下のように書き換える

ZLIBLIB=/usr/local/lib
ZLIBINC=/usr/local/include
#ZLIBLIB=../zlib
#ZLIBINC=../zlib

コンパイル・インストール。

make
make install
FreeTypeのインストール
http://www.freetype.org/よりダウンロード

tar zxf freetype-2.1.5.tar.gz
cd freetype-2.1.5
./configure
make
make install
GDのインストール
http://www.boutell.com/gd/よりダウンロード

tar zxf gd-2.0.15.tar.gz
cd gd-2.0.15
./configure
make
make install
PHPのオプションを変更
以下を追加。

--with-zlib-dir=/usr/local/lib --with-gd --with-jpeg-dir=/usr/local/lib --with-png-dir=/usr/local/lib --with-freetype-dir=/usr/local/lib



ln -s /usr/lib/libpng.so.3 /usr/lib/libpng.so
ln -s /usr/lib/libjpeg.so.62.0.0 /usr/lib/libjpeg.so
rpm -ivh libpng-devel.rpm

XML
--with-dom
DOM XML関数を有効にする。libxmlが必要。
DOM関数を使うだけならこのオプションだけでOKかも。

--enable-xslt
--with-xslt-sablot
PHPでXSLT関数をサポートする(Sablotronを使う)
XMLパーサとプロセッサをインストールするには、expat, Sablotronの順にインストールする。Sablotronのconfigureは、LDFLAGS=' -lstdc++' ./configure

--with-dom-xslt
DOM XSLT関数を有効にする。libxsltが必要。


--with-zlib
ZLIBを有効にする。libzが必要。

ぺんたん.info
あかいひ.com
IPくん.com
8枠.com - 競馬情報
galhime.com

PC Q&A||古い記事|雑学|ラーメン