インストール時の注意

Red Hat Linuxのページトップへ

Quotaを使用するのであれば『/』と『/home』は別のパーテションにするほうが楽
というより安全面からシステム領域『/』とデータ領域『/home』『/var』は分けるべき
システム領域
Red Hat 9 … 5G以上
Fedora 1 … 10G以上

▽ハードディスク Mount Point/
RAID/Volume
タイプ フォーマット 容量
(メガバイト)
開始 終了
 ▽/dev/hda            
 /dev/hda1 /boot ext3 102 1 13
 /dev/hda2 / ext3 10G程度 14  
 /dev/hda3 /home ext3      
 /dev/hda4   拡張領域   ほぼ自動   N
  ▽/dev/hda5   swap ほぼ自動   N


swapパーティション
仮想メモリをサポートする目的で使用される
つまり処理中にデータを保存するのに必要なメモリが足りない場合、データはswap領域に書き込まれる
swapパーティションのサイズは、コンピュータのRAMの2倍と同等か、 または32MBの、どちらか大きい方

マウントポイント
『/boot』『/』『/home』『/tmp』『/usr』『/var』『/usr/local』『/opt』


ネットワーク設定
DNS
ホスト名

ホスト
アドレス127.0.0.1
ホスト名localhost.localdomain
エイリアスlocalhost [ホスト名]

間違ったら/etc/hostsを修正する

ぺんたん.info
あかいひ.com
IPくん.com
8枠.com - 競馬情報
galhime.com

PC Q&A||古い記事|雑学|ラーメン