再configure時の注意

Red Hat Linuxのページトップへ

configureを実行した後に再度実行するときは以前のビルドでできたオブジェクト(キャッシュ)を消しておく

# rm config.cache
# make clean 

もしくは 

# make distclean 

ぺんたん.info
あかいひ.com
IPくん.com
8枠.com - 競馬情報
galhime.com

PC Q&A||古い記事|雑学|ラーメン