Berkeley DBのインストール

Red Hat Linuxのページトップへ

Berkeley DB公式サイト



ノーマルdb-4.2.52.tar.gz
XMLdbxml-1.2.1.tar.gz
Java Editionje-1.5.3.tar.gz
db-4.2.52の場合 # tar zxvf db-4.2.52.tar.gz # cd db-4.2.52/build_unix # ../dist/configure # make # make install /usr/local/BerkeleyDB.4.2にインストールされる READMEファイルがdb-4.2.52ディレクトリに作成されるが 要は、「わからなかったらdb-4.2.52/docsを参照!!」とのこと DB_File DB_File-1.810.tar.gz cd /usr/local/src tar xvzf DB_File-1.810.tar.gz 解凍・展開ができたら、移動する。 cd DB_File-1.810 Berkeley DBをデフォルトのままインストールしていれば問題ないが、もしもインストール先を変更しているとこれ以降の作業が上手くいかなくなるので、config.inのライブラリの位置を変更する。 # gedit config.in INCLUDE = /usr/local/BerkeleyDB/include                   ↑              ディレクトリ名を変更 INCLUDE = /usr/local/BerkeleyDB.4.2/include LIB = /usr/local/BerkeleyDB/lib               ↑          ディレクトリ名を変更 LIB = /usr/local/BerkeleyDB.4.2/lib 書き換えたら、以下の手順でインストールは終了です。 # perl Makefile.PL # make # make test # make install

ぺんたん.info
あかいひ.com
IPくん.com
8枠.com - 競馬情報
galhime.com

PC Q&A||古い記事|雑学|ラーメン